適正は自分の過去を見るとわかることが多い

自分の適性を知ることの重要性

会社に入社する前に適性検査を受けて本当に自分がその会社にあっているのか調べることがあります。実際に調べてみても、入社して3カ月でやめてしまう人もいることを考えると、適性検査に100パーセントはないでしょう。ただ、全く自分のことを知らないよりも、自分のことを知った上で職業を選んだほうが、ストレスが少なくなり、充実感で満たされます。
適性検査が重要な理由は、自分の能力を発揮するといった意味でも重要です。同じお金を稼ぐならば、まったく能力がない分野で頑張るよりも、自分の得意としているものを行なった方が結果が出やすくなり、会社の中で評価されるでしょう。また、多くのお客さんからも喜ばれやりがいも出てきます。
新卒では適性検査を行いますが、途中で会社を辞め中途採用になった場合、適性検査をしてくれるところもありますが、実は自分でも適性検査を行うことは可能です。

自分の過去を振り返ると適性が見えてくる

自分で行う方法は、自分自身の過去を振り返ってみると何を得意としていたかがわかります。例えば、昔から大勢の人の輪の中に入ることが好きであれば、人と接する仕事をした方が評価されやすいです。一方で、大勢の輪の中に入るよりも、数人の友達と深く付き合ったり、休みの日は一人で過ごすことが多い人は、人と接する仕事より職人的な気質や芸術的な気質を持っている傾向があります。
それ以外にも、自分が居心地の良い場所とストレスがたまる場所をそれぞれ書き出してみると、自分が活躍しそうな職場が見えてくでしょう。

適性検査とはこれから取りかかろうとしている分野や行っていることに対して自分は適しているのか、という観点から作られたテストのようなことを言います。