青色申告の特徴と青色申告で確定申告するメリット

何が違う?青色申告と白色申告

白色申告は単式簿記で帳簿付を行うので、申告自体は青色申告よりも簡単に行えます。一方で青色申告は複式簿記で行うので、申告をする時に手間がかかります。その代わりに青色申告ならば最大で65万円の控除が受けられます。白色申告でも複式簿記を選択して申告できますが、その場合に受けられる控除は最大で10万円です。
白色申告で税務申告をする場合は事前に何かをする必要はありません。青色申告で税務申告をする場合は事前に青色申告承認申請書と開業届を税務署に申請しなくてはいけません。
新たに青色申告をする人は3月15日までに青色申告承認申請書を提出します。新規開業した場合は業務の開始から2か月以内に申請をしないといけないのと相続により事業を継承した場合も継承してから2か月以内に申請をしなくてはいけません。

青色申告で税務申告するメリット

青色申告で税務申告するメリットは白色申告よりも大きい額の控除が受けられるという事と赤字を3年間繰り越して相殺できます。最初の年に100万円の赤字が発生して2年目に300万円の黒字になった場合は赤字と黒字を相殺して2年目は200万円として計上できます。
備品や建物に使った経費は10万円以上になると一括で計上できなくなりますが、青色申告ならば30万円未満まで一括で計上できます。回収していない売掛金も回収不能になる事を想定して一部を費用として計上できます。家族を従業員として雇っている場合も人件費を経費に計上する事が可能になります。

青色申告は、詳細な帳簿付けや税務署への事前申請が必要です。そのような手間の反面、大きなメリットがあります。それは、特別控除の存在や家族への給与が経費にできるなど、節税対策になる点です。